医療関連 / 債権回収

診療報酬

医療費負担の引き上げや患者のモラル低下などで、多くの医療機関が診療報酬の未収金問題を抱えております。 医療機関に課せられている応招義務との関係からしますと、本来は行政が未収金の支払いを行うべきとも考えられますが、対応が遅いのが現状で、医療機関は自らの責任で未収金問題に取組んでいるというのが現状です。

他方では診療報酬債権の時効は3年と短期の消滅時効にかかり、多くの医療機関が未収金の多くを時効にかけてしまっているのが実情です。

回収にはいくつかのポイントが御座います。

  • 請求書や内容証明郵便の書き方や出すタイミング
  • 相手方や保証人との交渉
  • 法的手続の選び方

当事務所では、未収金の管理や回収について、的確なサポートをさせて頂けるものと考えております。

長期間、回収ができていなくて困っている
相手方と連絡がなかなかとれなくて困っている
法的に回収手続きを取りたいが、どうしたら良いか分からない

是非、ご相談ください。